FC2ブログ
プロフィール

名大将棋部

Author:名大将棋部
名古屋大学将棋部のブログです。
何かあるたびに更新していきます。
Twitterもありますので、興味があればフォローお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

西日本大会∼団体戦編・中部中四国連合視点∼(Ray)

お久しぶりです、Rayです。
長いこと更新を怠って申し訳ありませんでした。
今回は8/19∼22に京都の龍谷大学深草キャンパスで行われた西日本大会に参加したのでその振り返り記事を書いていきます。


~~~~~


8/19(月)Day1…団体戦1日目

今回私は中部中四国選抜チームの一員として団体戦に参加しました。
団体戦には私と市長のいずれかが名大チーム、いずれかが連合選抜で参加することになっていたのですが、市長に頼んで私は連合選抜に入れてもらいました。名大チームは完全に任せきりにしてしまったけど、取りまとめてくれてありがとう。


当日朝は午前5時半の始発に乗り、途中で名大チームのごえもんやまつりく、名城の奨くんらと合流し京都の稲荷へ。

中四国選抜メンバーとは会場で初顔合わせ。中四国理事長の江島さんの協力もあり、事前にLINEで自己紹介なども済ませていたため、すんなりと打ち解けられたように思います。

あみだくじの結果、オーダーは
1. 伊藤(名城3)
2. 福田(山口2)
3. 竹川(名古屋工業4)
4. 北川(広島3)
5. 二橋(三重2)
6. 権丈(広島2)
7. 佐々木(静岡2)
8. 黒川(愛媛3)
9. 藤原(名古屋3)
10. 江島(岡山3)

このようになりました。
※追記:最初は頭伏字にしていたのですが、北川さんと黒川さんがK川で被ってしまったり(変換が面倒だったり)したので名前はそのまま表記させていただきました。ごめんなさい!

偶然ながら竹川さんが唯一4年、他のメンバーは全員2,3年という構成になりました。そのこともあり、西日本大会は4回目(!)の出場となる実績十分の竹川さんに主将として取りまとめていただく案は満場一致でした。
一人当たりの出場回数は平均して3.5回と、必ずどこかで不平等が出てしまう懸念はありましたが、絶対的な中心人物がいたおかげでチームはうまくまとまりました。


1回戦:vs鹿児島大学

伊藤-E屋
北川-I上
権丈-Y村
黒川-S伯
藤原-U野


初戦の相手は九州地区の鹿児島大学さん。
私の相手は3回生の方。雁木に対し早繰り銀から攻勢を取ろうとしたところ、△4五歩の反発を受け激しい展開に。離れ駒の多いこちらに苦しい変化が多くありましたが、最後は相手の居玉が祟り攻め切ることができました。

チームは伊藤、黒川、藤原勝ちの3-2勝ち。まずまずのスタートを切ることが出来たのではないでしょうか。


2回戦:vs愛媛大学

福田-M林
竹川-H田
二橋-T橋
佐々木-N藤
江島-K高


2回戦の相手は中四国地区の愛媛大学さん。愛大から連合選抜に参加した黒川さんがいっぱい情報を提供してくれました(嘘)。愛媛大学には中村太地先生に激似のエースの方が居られると伺っていたのですが、お会い出来ず残念です。

結果は福田、竹川、二橋、佐々木勝ちの4-1勝ち
持ち時間20分切れたら30秒の秒読みのルールのはずなのに、竹川さんが対局開始から10分もかからぬ内に勝っていて震えました。


3回戦:vs徳島大学

続けて同じく中四国地区の徳島大学さんと対戦。
江島さんがいっぱい情報提供してくれました(本当)。しかし、チーム全員が相手のオーダーの並びを勘違いしている悲劇とセットでオーダーは大失敗しました。

福田-K木
竹川-O前
北川-O上
佐々木-O谷
藤原-K上

私は一局目では居飛車を指したのですが、内容が非常に良くなかったため今大会では2局目以降振り飛車を指すよう方針転換しました。低い陣形から捌くことに成功し勝ち。

チームは竹川、藤原勝ちの2-3負け
徳大さん強かったです。それに加えオーダーミスも痛かったですね。次からはちゃんと相手のオーダーも全員で確認しよう!ということで切り替えました。


4回戦:vs名古屋大学
名大と団体戦で戦うのは、広島学院高校時代に学生選手権で名大Aと当たった時以来ですね。

河村「次の試合、選抜で出ないなら名大で出てくれん?」
藤原「その場合、制裁を受けるのは選抜なのか名大なのか非常に興味深いなぁ」
なんて会話を対局前に交わしましたが、そうなった場合は私が制裁を受けるのでしょうね。たぶん。

伊藤-M田
二橋-M本(雅)
権丈-K村
黒川-I村
江島-S賀原


情報漏洩はしませんでしたよ(嘘)
「市長めっちゃ強いよ~」とは言ったかもしれません。

結果は伊藤、二橋、黒川、江島勝ちの4-1勝ち
1年のI村くんが劣勢に追い込まれてから非常に良い粘りをしていたのが嬉しかったです。部室に熱心に通っている1,2年生達は急激に強くなっていると感じました。


初日はここまで。まだ自力優勝の目はあるので明日も頑張ろうと話し合って解散しました。


~~夜の部~~


今回の大会で中部選抜の5人は会場近くのホテルを取り(5人部屋)、夜通し将棋を指し続けました。
今回の5人は名工、名城、名大、三重、静岡と中部A級の別々5大学から各大学のエースが集結というメンバーでした。普段は敵として戦っているメンバーがこうして呉越同舟で戦えたのは非常に感慨深かったです。毎晩5人で近場のラーメン屋を練り歩き、寝床を賭けて10秒将棋を指したのは良い思い出になりました。


1日目のラーメン
201909160043139be.jpeg


ベッド争奪10秒将棋
20190916004420658.jpeg


8/20(火)Day2…団体戦2日目

5回戦:vs京都産業大学

伊藤-T賀
福田-K本
北川-W田
権丈-F塚
黒川-T下


京産大将のT賀とは、高校時代に何度も広島県大会で当たった仲。格上の彼に引っ張り上げてもらった経験はとても大きいです。

結果は伊藤、福田、北川、権丈、黒川勝ちの5-0勝ち
奨くんが強過ぎたり、福田さんがミラクルで捲ったりしていました。内容は接戦だったと思いますが、5本取れたのは大きく2日目を良いスタートで迎えられたと感じました。


6回戦:vs関西九州選抜連合

伊藤-K内
竹川-K柳
二橋-M谷
佐々木-T任
藤原―Y道


ここまで全勝の関九選抜と対戦。ここで奥の手中部5枚出しを敢行しました。
私の相手は普段から仲良しのエビ先生。実力的には飛車くらい落としてもらわないと勝てない相手なのですが、一発を狙って初手▲6八銀。以下私の雁木に相手の左美濃という形に。

攻勢を取られてやや苦しい展開ですが、△3三歩▲6九歩と互いに歩で囲いを補修し合った図1の局面は長い将棋になりそうな予感がしました。
201909161236064be.jpeg

(図1は▲6九歩まで)

その後、相手の駒損覚悟の攻めに素直に対応し、得した銀を打った次の図2は少し良いと思って居ましたが、この銀打ちは相手に勝負手を与えた悪手。
20190916004811b6b.jpeg

(図2は▲4六銀まで)

ここでは▲8七金と嫌味な歩を先に取り払うべきでした。
本譜の▲4六銀は飛車取りに構わず△8五桂と跳ばれ、▲8六角と逃げると△4五飛▲同銀△5五角と出られて敵陣が堅いので攻め切られそうです。本譜は▲4六銀△8五桂にそこで▲8七金としましたが角を取られたのは痛く、取られた角を右辺に打ち込まれ突破されそのまま押し切られました。
最終的には実力差がモロに出ましたね。+1500ほど優勢になったのにそのリードを守り切れないのは不甲斐なかったです。

チームは伊藤、竹川勝ちの2-3負け
戦犯ですね。チームメイトみんなに申し訳ないです。

優勝の望みは無くなってしまいましたが、次も大一番です。


最終戦:vs神戸大学

伊藤-Y本
竹川-F田
二橋-I上
藤原-T和
江島-S河原


勝った方が2位、負けた方が3位というこれまた負けられない戦い。
神大副将のF田とは高校のクラスメート。他にもI上さんとはネット団体戦や学生選手権で当たったり、対戦相手のT和さんは名大部室に来ていただいた際一緒にマウンテンに登った仲。私にとって神大さんはとても縁のある大学です。
私が後期の出願を忘れておらず、前期で名大に落ちてたら反対側に座って指していたのかなぁなどと考えていました。

将棋は私の角交換向かい飛車。T和さんが自陣角からリードを狙う展開に反発し、一気に終盤になりましたが、最後は相手の玉飛接近形が祟る展開となり勝ち。

チームは伊藤、藤原勝ちの2-3負け
奨くんは苦しい将棋でしたが、粘って焦らせ二歩を打たせたとのこと。
総合して見ると完敗で、相手を称えるしかありません。神大さん強かったです。
またどこかでリベンジさせて欲しいですね!


~~~~~


ということで、中部中四国連合の最終順位は3位。
副賞の賞金が夜の自棄酒に消えたことは内緒です。


2日目のラーメン
20190916004325552.jpeg


団体戦を終えて、負けて悔しい思いはありましたが何よりチームメイトへの感謝の気持ちでいっぱいでした。
広島で将棋を教わって、高校時代から大学将棋の中四国大会を観戦させてもらったりしていた自分にとって、中部中四国連合というチームの一員として将棋を指せることが、どれほど嬉しかったことか。中四国の皆さんには感謝しかありません。
また中部選抜もみな別の大学の選手で、今回団結して戦えたことは何物にも代えがたい経験となりました。皆さん本当にありがとうございました。
3日目からは個人戦ですが、河村も仲間に加わって中部勢全員で勝つぞという団結感がありました。

→個人戦編に続く!
スポンサーサイト



コメント:

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR