FC2ブログ
プロフィール

名大将棋部

Author:名大将棋部
名古屋大学将棋部のブログです。
何かあるたびに更新していきます。
Twitterもありますので、興味があればフォローお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

将棋部木工班の活動報告(Ray)

こんにちは、Rayです。
新学期のこの時期、部室には多くの新入生や編入生が見学に訪れるため、平常時より2~3面多く盤駒を出しています。

しかし、ここで問題発生。



駒台が足りない。



名大将棋部は机と椅子ではなく床に足付き盤を置いて活動しているため、駒台が不可欠…と同時に、対局時計を置くための台も欠かせない。
そのため、今まで我が部では駒台を対局時計台として使っていたのですが
20180424215925516.jpeg
駒を置くことを想定して作られたモノの上に時計なぞ置いてバシバシ叩いてたらそりゃ首もメゲるわ…

こうしてひとつまたひとつと駒台はダメになり、また一面に3つ必要とすることもあって、部室の駒台は圧倒的に不足していました。


流石に駒台の上に時計を置くのは良くないねという当たり前のことに今更気付き、専用の対局時計台の購入を検討。しかし…

えらく高ぇ

どの通販サイトを覗いても、相場はひとつ一万前後。需要が無いからそれもそうか。
名大将棋部は部費が安いのが長所ですが、代償として予算は常に枯渇しているため、そんなに何台も買う経済的余裕は無い。



…仕方無い


作るか


こうして将棋部木工班が発足しました。現在メンバーは私ひとり。絶賛班員募集中です。


思い立ったら即実行。ホームセンターまで自転車を飛ばし、木材、釘、ヤスリや接着剤を購入し、先輩にノコギリや電動ドリル、金槌を貸していただけるよう依頼。

設計図を書けるような知識もスキルも無いため、適当に木材を見繕ったら若干余ってしまったのはここだけの話。

3つの対局時計台を作ることを想定して、掛かった経費は7000円ちょっと。安くはありませんが、相場を考えれば手間をかけて作る価値もあるというもの。
春大会が近いため(運営準備もしなければならないし)、あまり時間は掛けられない。10日で作れるの?なんて訊かれたりもしましたが
20180424220002104.jpeg

ピナコばっちゃんばりの気概でいざ作業開始。



①まずは切断箇所に線を引く。
この時点で、削りしろの太さを見くびっててやや失敗しているのだけれど。
201804242200150fc.jpeg


②そして線に合わせて切断。
これが最も骨の折れる作業でした。気が付いたら夜になっててびっくり。
201804242200244eb.jpeg
20180424220033357.jpeg
何度か指を切断しそうになった。危なかった。

③切断した木材はヤスリで長さを調整したり、表面を磨いたり。この作業は他の部員にも何度か手を貸してもらいました。ありがとう


④切断した木材どうしを接着剤で仮止めし、電動ドリルで穴を開け、釘を打って固定。
20180424220046b07.jpeg

何度か手のひらに穴が開きかけた。危なかった。


基本的にこの①~④の作業の繰り返し。

そして「3日で作ってやる」と息巻いてから5日後…


201804242202363e0.jpeg


できたー!

接合部が脆弱だったり見栄えが悪かったり、決して良くできたシロモノとは言えませんが、完成ったら完成!


今後私達が卒業し、名大将棋部員が誰も私のことを知らない世代になったとしても使い続けてもらえるような、そんな道具としてこれから活躍してくれたら嬉しいですね(大切に使ってね)

…ということで、暫くは駒台不足に困ることも無いかと。

今年度も、将棋部としての活動が実り多いものとなると良いですね

それでは

スポンサーサイト

コメント:

こんにちは。
小生も自宅に棋友を招き将棋を指すことがありますが、その際、時計台がなく、いつも「代わりになるものがあればなあ」と思っておりました。
しかしこの記事を読み、そうか!自作という手があったか! と驚きました。
大学生のみなさんとは違い、我々ジジイのことですからうまくできないと思いますが、この写真を参考にして作ってみようかと思います。
そして恥ずかしながら、小生の学生時代(今と違い、よく言えば牧歌的、悪く言えばテキトーな時代でした)を思い出して、ひとりパソコンの前でしんみりしております(汗)
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR