FC2ブログ
プロフィール

名大将棋部

Author:名大将棋部
名古屋大学将棋部のブログです。
何かあるたびに更新していきます。
Twitterもありますので、興味があればフォローお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

春季団体戦(ℝ)

こんばんは、ℝです。
今回は先週行われた春季団体戦について軽く振り返ります。軽くじゃ物足りないと思う方がいたら誰か別に書いてください。

・オーダー決め
今回は私とマセカンが中心となって決めさせていただきました。14人は参加者の中から実力順で決め、並びは4枚(I城、K藤、K村、F原)で取れるようにして、宿敵MJ大学との対戦が勝負形になるようにすることが基本方針です。

・1回戦 対中部大学
ドタキャンや遅刻でメンバー変更を余儀なくされ、結局出場選手は上から順にK村、F原、KW村、S澤、K藤、HYS、I城。
自分の対局はN階堂氏で、相振りで序盤で差をつけれて勝ち。
チームは途中、F原くんが敗勢になるなど流れは悪かったが結果的には7-0勝ち。KW村くんとドヤシは団体戦初出場&初勝利、おでめとう。

・2回戦 対南山大学
戦力的には勝っているものの、油断のならない相手。メンバーはK村、KA藤、F原、S澤、T越、K藤、I城。余談ですが新1年生が入ったことで伏字苗字はますます使いにくくなりましたね。。。なお、オーダーはお互い読みやすく、マセカンが完全的中させていました。
私の相手はN尾くん。今までに高校で3回、大学で3回当たっており、大会で当たるのは7度目。今まで大会で1番多く当たっているのは間違いなく名工戦艦T川くんですが、このペースでいくとその記録を抜いてしまいそう。
将棋はゴキ中の相穴熊。中盤でうまく抑え込むことができ、以下は徐々に攻めていって勝ち。
チームは13467勝ちの5-2勝ち。取るべきところをしっかり取れたので良かったと思います。

・3回戦 対名古屋工業大学
名城以外に負けるとしたらここ。しかし優勝の可能性を残すためにも絶対に負けられない。メンバーはK村、F原、S澤、T越、K藤、I城、H野。これも相手のオーダーは予想通りなので、後は戦うのみ。
私の相手はI藤くん。横歩取りで中盤ミスるも相手もミスに付き合ってくれて勝利。
チームは1267勝ちで4-3勝ち。ニタマゴが負けたのは誤算でしたがF原くんとH野坊やがしっかり勝ってくれたのは大きかったです。

・4回戦 対豊橋技術科学大学
前期B級から昇級してきた大学。戦力はよくわかりませんでしたが、個人戦の結果などを参考にしてオーダーを組みました。メンバーはK村、MYK、F原、S澤、K藤、I川、I城。
私の相手はS藤さんで、個人戦では我が天敵Kを倒している。気を引き締めて対局しました。相手の中飛車に対して居飛車の急戦系。優勢の将棋をうまく粘られて焦ったが、最後は落ち着いて読めて勝利。
チームも7-0勝ち。

・5回戦 対名城大学
ついに恒例の決勝戦。メンバーはK村、F原、KW村、S澤、T越、K藤、I城。オーダーは完全的中。(オーダー表作成時にこちらの出し方が特定されても構わないような作りにしたので、的中するのは当然ではあるが)
私の相手はK野氏。春個人優勝者。大学入って当たるのは4度目と多い。
相手のノマ三に、今回は居飛車穴熊を選択。中盤はペースを握れた気がしたが、重要な局面で大局観の悪さが出て暴発。駒損で攻めたがそこから相手が本領発揮。金を埋め、銀を埋め、二段目に歩を打ち、自陣に龍を引き上げ、銀を埋め、龍の下(自陣一段目)に飛車を打ち、二段目に歩を打ち、さらに二回銀を埋める。文章にするだけでも目眩がしますね笑。しかし方針に全くブレがない点、勝ちにいくことよりも負けないようにする点に、自分には欠けている勝負強さ&豊富な実戦経験を感じました。見習いたいです。7局のうち最後まで残りましたが194手で敗北。
チームは457勝ちの3-4負け。対局のギャラリーが多いとは感じましたが、まさか3-3残しだとは思いませんでした。厳しめの当たりで2勝を挙げたようで、千載一遇のチャンスを逃してしまった感じです。申し訳ありませんでした 。


結局、団体成績4-1でn度目の準優勝でした。
今回は全体的にも内容は良かったと思いますが、まだ底力では名城大学が上回っているのは確かです。秋は今回よりは厳しい勝負になると予想されるので、それまで(特に夏休み)に各々がどれだけレベルアップできるかが、次の勝敗のカギになりそうですね。

応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。選手の皆さんも二日間お疲れ様でした〜〜。


最後に、理事長として一言。
春季大会は初めての大会運営で慣れない事も多い中、皆さんの協力はとても助かりました。感謝します。
ご存知の方もいるとは思いますが、今回の大会ではある方が勝利した直後に相手の目の前で大喜びするという騒動がありました。今回はたまたま他大学でしたが、私も含め、どの大学の選手もこのような事をしてしまう可能性は十分にあります。将棋は礼儀やマナーを重んじる日本の伝統文化です。ずっと勝てなかった相手に勝った時、絶望と思われた局面から逆転勝ちした時、、、どんな状況であっても、対局相手に対する配慮を忘れないようにしたいですね。
スポンサーサイト



コメント:

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR