FC2ブログ
プロフィール

名大将棋部

Author:名大将棋部
名古屋大学将棋部のブログです。
何かあるたびに更新していきます。
Twitterもありますので、興味があればフォローお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

王座戦に向けて(Ray)

こんにちは、Rayです。

今回の秋季団体戦(前回記事参照)の結果によって、名大将棋部は12月23∼25日に三重県四日市市で行われる学生王座戦への出場権を手にすることが出来ました。
今回はその王座戦に向けて、もう一ヶ月も無いですが心意気やいかに過ごして行くかといったようなことを書いていきたいと思います。主に部員宛の内容になってしまうかもですがご容赦ください。


~~~~~


1R:vs東北大学 …2-5負け
2R:vs北海道大学…3-4負け
3R:vs一橋大学 …3-4負け
4R:vs早稲田大学…1-6負け
5R:vs京都大学 …1-6負け
6R:vs立命館大学…0-7負け
7R:vs岡山大学 …3-4負け
8R:vs福岡大学 …5-2勝ち
9R:vs金沢大学 …4-3勝ち

勝ち点:2勝7敗、勝ち数:22勝41敗 順位:9位(/10校)


昨年度の名古屋大学の王座戦の結果です。
数字からも見て分かるように、完膚なきまでにボコボコにされたのが去年の思い出です。
いやー苦いクリスマスだった…

少しだけ当時の私の話を。
結果を言うと、私の成績は2勝7敗と大きく負け越し、非常にチームの足を引っ張りました。昨年度も王座戦前に意気込みの記事を投稿したのですが、「中部地区代表として恥ずかしくないような内容、結果云々…」と書いておきながらその有様だったので、とても苦しかったです。
もし最終戦で負けて1-8だったら福大のアヒョニキが心の支えになっていたかと思うとそれはもうホラーd…この文章は削除されました。

冗談はさておき、チームとしても個人としても、今年はリベンジの機会として決して逃すわけにはいかないと考えています。去年の屈辱は絶対に忘れてはならない。
この一年間の成長を実感できる結果を掴み取って、今回の大会そのものにおいても、また今後の名大将棋部の糧とする為にも、一戦一戦を全力で戦い抜きたいと考えています。


そして、王座戦に向けて何をしていくべきか…ということですが
昨年は11期ぶりの全国大会ということで誰も右も左も分かっておらず、ただ漫然と60秒将棋の練習をしていました(中部地区は地区大会も全て秒読み30秒で行うため、60秒に慣れていなかった)。
結果として、全国大会で慣れない持ち時間に苦しむということはありませんでしたが、やはり体力や集中力の面で、普段から30-60など持ち時間の長い将棋を日に何局も消化する他地区の選手に劣り、終盤でのミスが多く出てしまっていたのではないかなと思います。
序盤についても、我々が持ち時間に慣れようと実戦ばかり練習している間に、他地区の選手はプロ棋戦やソフトの将棋、ネットの情報などを巧みに駆使して知識を取り入れています。
既にスタートラインから差を付けられているようにさえ感じるのが現状です。



ではその差をどうやって埋めるか。





簡単ですね。将棋に割く時間を増やすしかない


もちろんそれだけではダメだと思います。いくら練習したところで研究したところで吸収効率が悪ければ何も身に付きませんし。

私は普段ほとんど実戦は指さずに棋譜並べばかりしているのですが、王座戦に向けてということを考えるとそれは非常に非効率的だなぁと勉強法を見直そうと思っています。
持ち時間の長い将棋では、より直観<<読みの比率が高まると思うので、序盤について知識の裾野を広げ、深く読みを入れて実戦を積むことが大事なのかなと考えています。
勉強法は人それぞれだと思うので、みな自分に合った方法で王座戦への準備をして欲しいと思うのですが、大会の形式や持ち時間を頭に入れてそれに見合った方法で共に練習していけたら良いと考えています。


最後に。

今回も、我々は中部地区代表としての看板を背負って戦います。王座戦に行きたいという思いはどの大学も抱えていて、その中で切符を手にした我々が適当な準備や不甲斐ない将棋で臨むことは決して許されません。
気を引き締めて、一丸となって戦うことを誓います。

昨年も言いましたが、私は名大将棋部は最高のチームだと信じています。
学生王座戦、頑張りましょう。
スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR