FC2ブログ
プロフィール

名大将棋部

Author:名大将棋部
名古屋大学将棋部のブログです。
何かあるたびに更新していきます。
Twitterもありますので、興味があればフォローお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

春季団体戦(ℝ)

こんにちは。ℝです。
今回は5/19,20に千種生涯学習センターで行われた春季団体戦をオーダー係視点で振り返りたいと思います。筆者多忙につき局面図は省きます。

まず、本題に入る前に本大会の背景から。
昨年秋、名大は実に11期ぶり(5年半ぶり)に中部地区大会を制し、全国大会へ出場しました。しかしその全国大会である学生王座戦では、2勝7敗で10大学中9位という、散々な成績を残しました。ようやく名城の連覇を止めることができたものの、全国のレベルの高さを思い知り、皆が悔しい思いをしたに違いありません。
これらのこともあり今回の春季団体戦は、変わり始めた風向きを元に戻さぬためにも、全国大会の雪辱を晴らす機会を得るためにも、是が非でも勝たなければなりません。そういう意識を部員一同が共有して臨みました。
それでは、本題に入りましょう。


0回戦
勝って当たり前。


1回戦vs南山大学
一年前不運が重なりB級に降級したものの、貫禄を示し1期でA級に復帰してきました。初戦はオーダーが読みにくいこともあり、怖い相手です。

名古屋ー南山
(敬称略)
木村 ーM田
塚越 ーI藤
近藤 ーP
河村 ーY崎
藤原 ーM岡
坂 ーO笠原
岩城 ーH川

はっきり言って、オーダー的にはかなり失敗しました!岩城木村から主力を避けられ、さらに新戦力I藤くんが入ったことを隠していたとは!!(けーきさんちゃんと教えてくださいよ)
しかし、始まってしまえばどこも勝負。全力でやるしかありません。

結果は、、、
木村塚越近藤河村岩城勝ちの5-2勝ち。
藤原くんは今年度学名代表のM岡氏に、坂さんは成長著しいという噂のO笠原氏に敗れましたが、
各々が頑張った結果、チームとしては良いスタートを切ることができました。


2回戦vs静岡大学
天敵K氏に加えて大幅な新戦力補充もあり、厳しい相手が続きます。

名古屋ー静岡
(敬称略)
加藤 ーY田
木村 ーS々木
塚越 ーK池
近藤 ーK谷
藤原 ーO澤
岩城 ーN澤
松尾 ーK保田

向こうとしては、岩城さんを絶対に避けたかった、ということでしょうか。悪くはありませんが、勝負所をたくさん落とすと十分負ける可能性のある当たりです。

結果は、、
加藤木村藤原岩城松尾勝ちの5-2勝ち。
途中は加藤くんがほぼ角損になったり、松尾くんが自玉の詰みを見逃してもらったりと、3-4負けしていてもおかしくありませんでしたが、運が味方しました。それにしても加藤くんはどうやってあの将棋を捲ったのでしょうか。
個人的には新しく入ったエースの方と指せたので楽しかったです。


3回戦vs三重大学
N橋くんが入るのは知っていましたが、他の新戦力はその日初めて知りました。その上2R終了から3R開始まで10分ほどしかなく、十分にオーダーを検討できませんでしたが、果たして、、、

名古屋ー三重
(敬称略)
加藤 ーHR
木村 ーK田
近藤 ーM山
河村 ーK口
藤原 ーN橋
岩城 ーH口
松尾 ーHYS

上2枚出しは読んでいませんでしたが、そこは取れる可能性が高いから問題ないでしょ。(フラグ)

結果は、加藤近藤河村岩城勝ちの4-3勝ち。
岩城木村以外でいかに2勝取るかという意図のオーダーなのに、副将は序盤からぼろ負けしていて裏切られました。こういう人はオーダー係からみると信頼できませんね。はい、すみませんでした。

これにて1日目終了。
色々危ないところもありましたがチーム3連勝で乗り切りました。
夜は、例会で疲れ果てた○○○○と電話でオーダーを考えました。
2日目も厳しい戦いが続きます。


4回戦vs名古屋工業大学
名大と親交の深い大学。エースS野氏が7年目突入により参加資格を失ったこともあってここまで0-3と苦戦中。ただ、レギュラー陣の棋力が高いため油断はできません。

名古屋ー名古屋工業
(敬称略)
木村 ーA山
塚越 ーA妻
近藤 ーO田
河村 ーH江
藤原 ーY田
塩澤 ーA藤
岩城 ーMR

一年生が多く棋力がわからない&オーダーが読みにくいため、こちらとしては万全を期して厚い布陣でいきましたが、向こうはまさかのT川S藤不在。
これを受けて一部の名大生の中では(動揺しつつも)これはありがたい、という雰囲気が流れているのがわかりました。しかし勝負は何が起こるかわかりません。最終戦のことを考えてもこれはかなり嫌な流れだと思ったので、対局前に各対局者に、気を引き締め直して全力で倒しに行こう、と伝えました。

結果は、木村近藤河村藤原塩澤岩城勝ちの6-1勝ち。
塚越さんが一年生に完敗、塩澤も危なかったようですが、全体的には堅く勝てたようです。
今回名工大はB級降級となりましたが、またA級で上位を争える日を楽しみにしています。


5回戦vs名城大学
さて、最終戦。
4回戦まではお互い4-0で、勝ち星は向こうが上回っているため3.5-3.5は許されません。
また、今回はこちらが前回1位という立場ですが、戦力的には依然向こうに分があり、苦しい戦いになることが予想されました。

名古屋ー名城
(敬称略)
木村 ーI井
塚越 ーK川
近藤 ーK保
河村 ーI藤(奨)
藤原 ーW田
岩城 ーO村
松尾 ーI藤(彰)

主に読んでいた当たりとは違いましたが、こちらの理想に近い形となりました。
なお、塚越ーK川と近藤ーK保は団体戦で3回連続の対決。

結果は、、、
木村河村藤原岩城松尾勝ちの5-2勝ち!!!
自分の対局は途中で藤井ー羽生戦(朝日杯)に合流しました。藤井くんがついてくれていたので心強かったです。(?)
つかごてぃさんは直近2連勝の当たりでしたが、今回は惜敗しました。毎度恒例の地下鉄飛車をめぐる駆け引きは、面白かったです。
こんづーさんは良かった将棋を徐々に怪しくしていき、最後は3手詰めを逃して負け。何でも、飛車の横利きは一マスしかないと思っていたとか。富士通杯までにルールを覚え直してくるそうです。
河村くんは少し厳し目の当たりでしたが、強敵に勝利しました。今回は4-0と、八面六臂の活躍で頼もしい限りです。
藤原くんはW田さんの全勝を阻止。理事長の仕事が大変かつ当たりも厳し目のなか、3-2と健闘しました。
岩城さんはさすがの全勝。5年生になり学業も忙しそうですが、大エース様は健在でした。
松尾くんは取りたい当たりでしっかり勝ってくれました。まだ一年生なので、これからの成長にも大いに期待できそうです。


結果、チーム成績5-0で優勝。富士通杯への出場資格を得ました。
今回の大会を振り返ると、レギュラー同士、準レギュラー同士の対局の多くで名大側が勝つことができました。これは1,2年生を中心に徐々に各選手のレベルが上がって全体の層が厚くなってきていることの証左であり、今後数年間で(上級生の卒業による)大幅な戦力ダウンが見込まれる名大にとってはとても好ましい趨勢かなと感じます。

夜は一部のメンバーで打ち上げ(焼肉食べ放題)。もう食べられないという岩城さんとその彼の皿に次々と肉を乗せようとするゾンビ氏の攻防が面白かったです。まあ、その岩城さんもデザートは別腹、などと宣って杏仁豆腐を1人で何人前も頼んでいましたが。
自分は途中で満腹になったと思ったのですが、食後に改めてお腹に聞いてみたところまだまだいけた、とのことだったのでもう少し食べておけば良かったなと後悔。今度は残飯処理係と二人で行って限界に挑戦しようかな。。
あ、一年生がいなかったのはちょっと寂しかったです。ぎゅっとeの締め切りに追われていたと聞きましたが、そんなものはこんづーさんに頼めばきっとやってくれますよ(誰かさんのときみたいに)。
一年生は無料だし、次回からは積極的に来てくださいね〜。

さて、富士通杯は9月中旬です。
現役部員には富士通杯出場経験者はおらず、レベル的にも厳しい戦いになると考えられます。ただし、5人制は上位の大学に一発入れやすいという面もあります。前回の学生王座戦とは異なりまだ時間があるので、出場メンバーはしっかり準備して本番を迎えるようにしたいですね。


富士通杯も頑張るぞー!!!!
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR