FC2ブログ
プロフィール

名大将棋部

Author:名大将棋部
名古屋大学将棋部のブログです。
何かあるたびに更新していきます。
Twitterもありますので、興味があればフォローお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

名大将棋部という場所。(H県民)

H県ってどこだろう。いっぱい(5つ?)該当してしまって個人の特定が難しいですね。

〜〜〜〜〜

試験週間が始まりました。全く勉強が捗らないので諦めてブログを更新しようと思い至り、現在。
今回は、私が入部して9ヶ月ほど経って感じている名大将棋部の印象などをぽつぽつと文章にしていきたいなと思います。



私が所属していた中高の将棋部には部室が存在しませんでした。
授業後の教室を借り、活動は火曜日と水曜日のいずれかのみ、16時~17時半の週たった1時間半だけ。
棋書もほぼ存在せず、部員同士で貸し借りするか本屋で立ち読みするくらいしか勉強方法はありませんでした。
それが「普通」と思って大学に進学したため、それはもう衝撃でしたよね。

将棋部の為の部屋が存在する!
24時間居ても良い!
読みたかった棋書が沢山ある!
強い先輩、同級生と練習の機会に恵まれている!

中高時代からのギャップもあって「いかに恵まれているか」を痛感、私はひたすら入り浸りました。夏前には無事、部室警備員の称号を獲得。後期が始まる頃には「部室の地縛霊」などと呼ばれることに。何がきっかけで殉職したのだろうか、警備員…

ともあれ、この一年間、とにかく私は部室に居ました。やっていたのは、主に棋譜並べと実戦。
そうだ、詰将棋を授業中に解くのは、辞めましょう。単位を落とすので、絶対に辞めましょう(戒め)。

しかしまぁ、この一年を振り返って、常に部室に居て将棋をする雰囲気を作るための一端を担うことは出来たのでは無いかなぁと思います。

ちゃんとそれで自分も強くなれたら尚良かったんですけどね。

何が言いたいのか忘れそうなのでその前に言っておくと、名大将棋部の環境は本当に恵まれてるということです。自分が中高からの温度差で過剰に感じているだけかもしれないけれど、そこにあまり気付けていない部員が多いような気もして、今回筆を執って、もといフリックで打ち込んでいる訳です。

別に部室に来よう!って言いたい訳ではありませんが、こんなに恵まれた環境に居て将棋を勉強しない理由があるだろうか?いや、無い!(反語)ということを部員に伝えたかった。

試験が終われば春休みが来て、休みが終わればすぐに春個人、春団体です。
去年の秋団体は4-3が3つでした。ひとつひっくり返っていれば負けというギリギリの勝負ばかりだった中で、次の春団体は南山もA級復帰を決めて厳しい戦いが続きます。
名城には未だ戦力で遠く及びませんし、名工、南山、三重、静岡にも、本気で来られたら名大は3位すら危ういのではないかと思っています。本気です。
危機感を持ってこれからも練習に取り組んでいきたいと思います。


名大将棋部の特色として、他大生や中高生も入部出来ることが挙げられます。
名大附属や近所の南山、名工の部員も居ますし、部員でなくても名城や、他地区からも色んな方が名大将棋部には足を運んでくださいます。

わざわざ名大まで来て下さる方は皆、本当に将棋に熱心な方ばかりで、その方達のおかげで名大も非常に良い雰囲気を作ってもらっている。有難い限りです。
これからも、色んな方々に感謝しながら、そういった名大の良さをもっと活かしながら、一丸となって将棋が強くなっていける、そういう部活にしていけたら良いですね。


…26時過ぎかぁ…動植物科学のテスト勉強に戻ります。
以上、H県出身で農学部っぽい勉強をしている、一年生の雑記でした。ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

続きを読む

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR