FC2ブログ
プロフィール

名大将棋部

Author:名大将棋部
名古屋大学将棋部のブログです。
何かあるたびに更新していきます。
Twitterもありますので、興味があればフォローお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生選手権・団体B(VAN)

こんにちは。VANです。
3/22に学生将棋選手権の団体戦がありました。名古屋大学Bの結果を振り返ります。

(名古屋大学Bとは)
名古屋大学Aではないほうのチームのこと。成績評価の如く火力は名古屋大学Aに劣る。全員野球の力は未知。

団体戦なのでオーダーは重要です。大将から順に高い勝ち点が得られるというシステムなので、じゃんけんでオーダーを決めました。やっぱり分からないし、そもそもチームが勝たないと意味無いですし。その結果オーダーは、

大将 K村先輩
副将 T中先輩
三将 I鉢先輩
四将 VAN
五将 D居先輩

となりました。そういえばT中先輩はじゃんけんの導きによってBチーム入りしていたのでした。じゃんけんの導きに従い、5戦全てこのオーダーです。

零回戦 往路
名駅にて新一年のKむりく君が仲間になる。名古屋大学Aの火力がグーンと上がった。
電車内にてI鉢先輩が脱水症状になる。目の前が真っ暗になりかけたらしい。
ホームにてK村先輩がドナドナされたことに気づく。あ、思い付かないです。

一回戦 近畿大学C
T中、I鉢、VAN勝ちで3-2勝ち。
対局前にT中先輩が発した謎の言葉「全員野球」。I鉢先輩曰く20枚の駒を全部使うことらしいですが……。
私の対局は対右玉。相手の駒組みに隙があったので積極的に動いて、堅い、攻めてる、切れないになりました。途中で怪しい雰囲気が漂い始めましたが、それまでに稼いだ得が大きく問題はなかったです。右玉相手は苦手意識があったのですが、勝ててよかったです。
感想戦後に隣のD居先輩の対局を見てみると、D居先輩が勝ってそうな局面でした。しかし残り時間が少なく、逃げ間違えてしまったようです。やっぱり切れ負けの将棋は怖いですね。

二回戦 東京大学C
D居勝ちで1-4負け。
近くに学食の券売機があったため、なんとなく眺めていた。種類が豊富で羨ま……いや、名大でもトッピングでいくらでもパターンを組めるのか。鶏南蛮うどん。
私の対局は対藤井システム。途中で知らない形にしてしまい、訳のわからないことに。桂馬を取りきるのか攻め合うのか、方針をはっきりさせていなかったことが祟り敗勢になってしまいました。入玉含みで粘ろうとしたものの、綺麗に王手飛車取りをかけられて撃沈しました。悪くなってからの指し方が下手すぎました。
D居先輩の対局の終局図を見ると、無傷の穴熊を残して勝っていました。強いですね。

三回戦 早稲田大学C
T中勝ちで1-4負け。
東京大学C戦後に昼食休憩がありました。近くのマックスバリューでお弁当を仕入れ、会場でエネルギー補給しました。三度目の対Cチーム、一年生中心のチームだったような気がします。
私の対局は後手石田の3三角型に対して左美濃。先手石田の通常の定跡形と比べて二手得したので、銀冠まで組めてまずまずの進行でした。仕掛け周辺も昔検討した感じで進み(天守閣美濃が銀冠になっているが)、相手の飛車角を抑え込む展開になりました。それなりに自信がありましたが、少し手が進んだところで誤算に気づきました。銀冠なので角の効きをこじ開けてくる手が受けにくく、銀の割り打ちがあるため5筋に飛車が回れません。しかし形勢はまだまだ互角でした。むしろ時間で10分程差をつけていたので、少し勝ちやすいかなと思っていました。その後こちらに緩手が出てしまい敗勢になりました。時間攻めに出ようとしましたが、自玉は必至、敵玉には数回しか王手が続かない、相手は盤石の30秒だったため投了しました。せっかく銀冠まで組めたのだから強く捌き合うべきでしたかね。帰ってから検討してみると、こちらがよくなる変化がそれなりにあったので悔しい一局でした。

四回戦 大阪経済法科大学
VAN、D居(不戦勝)勝ちで2-3負け。
私の対局は後手石田に対して左美濃。今回は本組みに組んできたのでやっぱり銀冠に組み換えました。先手番なので千日手策は使いたくなく、2六飛と浮いて銀冠穴熊へと組み換えていく妥当な進行になりました。途中で定番の4五歩同歩同銀が来ましたが、そこで手拍子で4六歩と打ってしまい作戦負け模様になりました。4五歩を手抜くか4六歩に代えて4六銀とすべきでした。石田流に潤滑油の歩を渡してしまったことで、自然と押さえ込まれるという絶望的な展開になりました。頼りになるのは銀冠穴熊だけでしたが、いかんせん攻撃力がないので綺麗な姿焼きともいいますね。もうどうにでもなれと唯一の攻め駒である馬を回転させつつ、相手のミス待ちをしていると飛車の両取りをかけることに成功しました。その後も相手にミスが出てなんとか逆転勝ちできました。

五回戦 大阪市立大学
K村、T中勝ちで2-3負け。
大阪市立大学の方から「オーダー固定なんですね」というニュアンスのツッコミを頂きました。「じゃんけんで……」「こっちも似たようなものですよ」という類いの話をした気がします。相手のオーダー表は見てませんが固定だったのでしょうか。
私の対局は横歩取り青野流。こちらが後手で4一玉4二銀型をやってみました。通常2三歩と受けるところを手番欲しさに2四歩と打ってみたのですが、後に標的にされてしまい損な指し方でした。そして攻撃陣が出遅れたためにしばらく受けに回る展開になりました。結構危うい受けを繰り返した後に局面が落ち着きましたが、いざ銀冠に逃げ込まれてみると寄せにくくそのまま負けてしまいました。どこかで銀冠を封鎖しておきたかったなぁと今になって思いますが、実際にそのタイミングがあったのかどうかは怪しいですね。経験値不足が露呈してしまった一局でした。

その後はT中先輩と変則将棋(競技人口一桁)を指したり、I城先輩から扇子をもらったり、皆で餃子の王将に行ったりしました。揚げそば。お腹がいっぱいになりました。

以上5戦が終わったのですが、名古屋大学Bはチーム成績は1-4、個人勝数は9-16でした。順位は聞いてないです。すいません。私個人も2-3で負け越しているし、酷い内容の将棋もあったので、もっと頑張らねばと思いました。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。