FC2ブログ
プロフィール

名大将棋部

Author:名大将棋部
名古屋大学将棋部のブログです。
何かあるたびに更新していきます。
Twitterもありますので、興味があればフォローお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

残り1年の学生将棋と向き合うにあたり、謝罪と決意(Ray)

急にどうした、いつもの発作か、と思われそうなタイトルですね。

モブである自分がこういった記事を書くことがイタいのは重々承知しているのですが、いつかは文字にして反省しなければならないと感じていたので、部のブログに晒し上げて後戻りできない反省の意を示そうと思った次第です。

また、今後将棋を指す上で決して忘れてはならないことを最近教えられたので、どうしても今書かねばならないような気がしてこの記事を残すことにしました。

黒歴史になりそうな予感しかしませんが、批判も覚悟で今回の記事を書くに至った経緯から綴っていこうと思います。

~~~~~

失礼ながらまずは自分語りという名の言い訳から。

大学1年目はただの将棋大好き野郎でした。部室に入り浸り、家に帰っても誰かと通話しながらネット将棋を指す毎日。
弱いので結果は残せなかったけど、将棋というゲームそのものが優秀で楽しかったため、ブラックバイトに捕まろうが単位落とそうが告白して撃沈しようが楽しい毎日でした。

2年生になり、中部学生将棋連盟の理事長を務め、将棋界への見方が変わりました。

当時、中部棋界は出身の藤井聡太七段の活躍もあり空前の将棋ブーム。様々な企業がこぞって将棋大会を開き、毎週のように学生がスタッフとして駆り出される。

その依頼は運営団体から「この大会は日当〇円で、その大会は日当△円で、それぞれ学生を×人集めてください」と私の元に一手に集まり、それを受けた私は各大学の将棋部や知り合いに「この条件でご協力ください」と依頼する。

学生からは「そんな条件で働かせようなんて虫がいい」と睨まれ、運営団体からは「大学生には奉仕の精神が足りない」と叱られ、その度に頭を下げる。

あの頃は将棋ブームに様々な企業が乗っかろうとした結果、中部将棋界のキャパシティが追い付かず、しわ寄せが私の所に来たのかな、と今になって思います。

それでも、多くの方々の助けがあって1年間の理事長の仕事を乗り切ることは出来たのですが、学生からも運営団体からも苦情を受け続けた私は夏頃うつ病にかかり、被害妄想も相まって完全に腐って将棋界そのものを恨んでいました。

会場にゴミを置いていく将棋指しが腹立たしい。
理不尽な要求を突きつける運営団体が、運営に文句ばかり言ってくる学生が煩わしい。

今思えばもっと周りを頼るべきだったとか、運営ミスなど明らかな自分の落ち度も多くあったので、周りの所為にばかりするのはお門違いです。しかし当時はそんなことを考える余裕も無く、右に左に頭を下げてストレスを抱え、うつにかかり何もできなくなりました。将棋なんかまともに指せないし、単位はほとんど落としました。
それら全てを何かのせいにして生きていました。

将棋界から離れたいけれど役職上離れられない私は2年の夏を境に完全に腐り、勝負としての将棋に対して一切の興味を失い、なめた態度で将棋を指すようになりました。
適当に指して序盤で悪くなって、でも負けるのはやっぱり癪だからと相手が間違えるよう間違えるよう粘るだけの将棋。
一切読みなど入ってないし、最善手を指す気が無い。

将棋に対して、そして何より相手に対して失礼でした。当時からこの日にかけて自分と将棋を指してくれた全ての人に土下座して謝りたい。

昨年の学生王座戦の棋譜、改めて見返しても本当に酷かった。時間を使わずに負けるわ、研究手順を前後するわ、到底見られたものじゃない。

対戦相手、そしてチームメイト、また王座戦に出たくても出られなかった全ての人に失礼な将棋ばかりでした。本当にすいませんでした。


~~~~~


救いようのないクズに成り果てた私ですが、1年半以上そんな腑抜けた将棋を指していた自分を反省させてくれる方々に最近出会いました。

私が将棋を通じて知り合った人々は、過酷な環境で生きる人々が多く居ます。
自分のことかな、と思う人はどうか嫌な思いをしないでください。私はそういった困難を乗り越えて生きている全ての方を尊敬しています。

まず母子家庭は珍しくなく、両親と縁を切った人もいる。
親が居ても家庭内暴力を受けている人や、貧困を抱える人がいる。
いじめや犯罪被害に遭って苦しんだ人もいる。

それでも、みんな打ち明けて話してくれるまで周りがそのことに気付けないほど明るく振る舞い、気丈に生きて将棋を指していました。

私は最近、名大将棋部のOBでありアマチュア強豪として名を馳せたA野さんに将棋を教わる機会が稀にあるのですが、先日「新アマ将棋日本一になる法」(木本書店,2008)という本を読んでA野さんの生い立ちを知り、その壮絶な過去を知って身震いしました。

「この方に将棋を教わる時に絶対に失礼などあってはならない」

そう思って指導を受けるようになりました。
しかし、その考えが若干誤っていることにしばらく気付けていませんでした。

~~~~~

先程まで、ある将棋指しの方と通話をしていて衝撃的な話をされました。

「児童相談所に駆け込めば暴力からは逃れられるかも知れないけれど、将棋の大会にはきっともう出られなくなる。自分は、暴力を受け続けてでも、将棋を指す道を選んだ」

その方やA野さんを始め、壮絶な過去(現在)を生きた方々がどれだけの覚悟で将棋と向き合ってきたかを知り、その勇気に敬意を払わずにはいられないと思いました。

将棋はたかがゲームです。しかし、9×9の盤上で生きることを選んだ人々にとっては人生そのものであることを彼らの生き様から教わりました。

そういった方々と将棋を指す時に、読みも入れずに適当に指すことがどれほど失礼か。
そこまで考えて、「まだ自分は間違っているのでは」と思いました。

程度の差は関係無く、みんな何かしらの苦悩を抱いている。
「この人は将棋に対して真摯だから真面目に指さなきゃ」その思考が間違っている。
誰に対しても、盤を挟めば全力の誠意を持って本気で将棋を指すべき。

これが、腐っていた私が彼らに教えてもらった当たり前だけど大切なことです。

困難を乗り越えて将棋を指す方々のことを、私は本当に尊敬しています。だからこそ、これからは全ての人に敬意をもって将棋を指そうと心に決めました。

自分は将棋の才能の欠片も無い雑魚です。しかし、十分に準備を入れ、持ち時間の許す限り読みを入れ、簡単に諦めないように指すことで、今後自分と盤を挟む全ての人に敬意を示そうと決意しました。


今回の記事を読んで、気を悪くした人も居たかもしれません。しかし、自分と同じように思ってくれる人がいたなら、この記事は無駄ではないのかなと思います。


1年半、失礼な将棋を指し続けて本当にすいませんでした。

こんな自分に、当たり前ながら大切なことを気付かせてくれた方々、本当にありがとうございます。

これからは、誠意を持って全力で将棋を指します。
腑抜けて居る内に大学将棋は残り1年になってしまいましたが、悔いの無いように1局1局指すつもりです。

名大将棋部員は、私が腑抜けた将棋を指していたら先輩後輩関係無く叱ってください。そして高め合いましょう。

よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



秋団体前日。(主将)

明日から秋季団体戦が始まります。
名大の選手の皆さんはぜひこの記事を読んでください。
特に最後の「ところで」以降は一字一句、角の利きを確認するかの如く額を画面に押し付けて読みましょう。


~~~~~


その記事は4年前、2015年の秋季団体戦で名大が敗れたのちにI城さんが書かれたものです。
もっと早く共有していれば良かったですね…


2年前の秋まで、名大は実に10期続けて名城大学に敗れていました。

名城大学は現在も富士通杯で上位に入るほどの強豪校ですが、当時は学生王座戦で優勝するなど圧倒的な戦力で無双していました。

負けるのが当たり前のような雰囲気の中、名大ではきっと普段の部活動で「優勝を目指す」と口に出すのも容易ではなく、モチベーションを上げて将棋を指すことすら難しかったでしょう。

その中でこの記事を投稿し、悔しさや部に対する熱い思いを静かな口調で伝えるこの記事が、I城さんの伝えたかったことが、今どれだけ普段の部活動に残っているか。

この思いを部員に伝え続けることこそが、主将として最もすべき仕事であったと遅いながらも実感しています。


今回の団体戦は、暗黒期の名大で屈辱に耐え続け、我々後輩を引っ張り上げて名大を救ってくださったI城さんの最後の団体戦です。
絶対に負ける訳にはいきません。なんとしても勝って、全員で学生王座戦に行きましょう。

大会会場には、I城さんと同期のK藤さんも応援に駆けつけてくださるとのこと。


絶対に勝つという強い意志を持って、お世話になった先輩方に恩を返しましょう。

新人王戦(おでん)

こんにちは。おでん(K瀧)です。夜露死苦!

遅くなってしまいましたが今回は私の新人王戦(10/5)の振り返りをしていきたいと思います。


・0回戦
なんと新人王戦当日、私は寝坊してしまいました。

集合時間が9時半だったのにも関わらず起床したのが9時20分。

しかも私は盤駒時計を持っていく係だったため遅れたら自分だけでなく周りが迷惑を受ける状況。

せめて盤駒時計だけでも...と思い、私は約4キロの道のり、全力で自転車を走らせました。

この終盤の驚異的な粘りによりなんとか0回戦敗退は避けることができました。
ヨカッタヨカッタ。


・予選

なんとか集中力を維持し、2連勝で決勝トーナメントに進むことができました。


・決勝トーナメント1,2回戦

多分勝ったと思います!あまり覚えていません!
すみません!


・決勝トーナメんと3回戦

ついに名大将棋部の人と当たりました。

その名もM田

私は彼に先手なら勝てるという秘策(対局の5分前ぐらいに思いついた)を用意して対局に臨みました。

そして私の振り駒で宙を待った駒達は表の駒が過半数を超えたため私の先手に!

正直実力は相手の方が上でしたが作戦が功を奏し、なんとか勝ちきることができました。YEAH


・決勝トーナメント4回戦(準決勝)

次の相手は愛学のO野くんでした。(隠せてるのかこれ...)

角換わりの将棋になりました。

相手のバランスの良い形で手待ちしていたのに対して、朕は玉を固くして(決して下ネタではないです。)、攻撃陣形を整える駒組みを選びました。

そんなジリジリとした序盤を経て私が仕掛けたのがこの局面、
将棋

そこからなんてか進んで以下のような局面になりました。
c.png

私はこの時こちらがいいと思っていたのですが相手や、周りの見ていた人全員が相手の方がいいと思っていたようです。

33歩成が厳しいと思っていたのですが、どうなんですかね。

さらに進んでこの局面
が

この局面で35桂と撮ったのが悪手で劣勢になりました。

ここで面白い手順ですが、28金!36竜35桂同竜37金!という手順があったそうです。これならこちらが優勢でした。

本譜だと飛車を取られて1段目に取った飛車をおろされた時に持ち駒を使って受けなければならず、それでは攻め駒が足りず負けになっていました。

わかってはいましたが、どうしても35桂しか見えなかったので仕方なく指しました。

しかし28金以外だとこちらが悪いようですので実戦的には負けでしたね。

この後一手差まで迫ったのですが届かずに私の新人王はなくなりました。


・3位決定戦

対戦相手のY田くんも私も非常に疲れていて謎めいた将棋になってしまいましたがなんとか勝利しました。

結果として私は3位入賞でした。

悪くはない結果でしたね。全力で将棋ができたので悔いはないです。

寝坊というハプニングもありましたがそれも含め楽しい1日でした。

個人的には名大対決で I村vsM本 がおもしろかったです。
M本まじで対局中うるさい。

他の部員のことも書きたい気持ちはあるのですがこの記事書くのに2時間半ぐらいかかっているので許してください!なんでもしますから!(なんでもするとは言ってない)


・新人王戦二日目?

私は次の日(10/6)東海団体リーグ戦B級がありました。

なんとそこに昨日私が惜敗したO野くんの姿が...!!(隠せてるのかこれ...)

絶対に対局したくないと思って、彼が3番手で出るということを耳にしたため私は4番手に回りました。

すると初戦、私vsO野

Oh no!!!!←(言いたいだけ)

リベンジ成功いたしました。あざす。








合宿3日目



初めまして1年のM本です。以後お見知りおきを。
こちらは先月行われた合宿の3日目の振り返りになります。
一月経った事については触れないでください...

以下記事になります。


~A.M.4:00

ドミニオンをしました。そろそろ体力が厳しくなってきました。

7:30~

体は睡眠を求めています。
朝ごはんを食べて、今日の日程の始まりです。
M田くんのご飯の挨拶もそろそろネタ切れになってきました。

8:00~12:00 午前の部

午前中は皆疲れていることもあり、リレー将棋の残った一
局を指して他は自由対局となりました。

相手チームの振り飛車に対して、こちらのチームは銀冠を選択。
難しい中盤となりましたが、私が攻め急いだ手を指してしまい、味
方と息が合わずあっけなく負けてしまいました。
味方の棋風を考えたりと、普段と違う要素も面白いですね。

13;00~18:00 午後の部

前半は詰将棋選手権を開催しました。
8問(総手数100手)を制限時間以内にどれだけ解けるかという形で競います。
制限時間つきで詰将棋を解くのは初めての体験でした。

優勝は全問正解のGOEさんでした。
懸賞詰将棋のような難問はありませんでしたが、20手を超える問題もあり
ちょうどいい難易度でした。

ちなみに私は2位でした。惜しい...

後半は常識力テストを行いました。
S村くんの手によって作られた様々なジャンルの問題を通して
誰が一番常識が無いのか競いました。

ひっかけがあったり、将棋の問題が想像以上に難しかったりと
なかなか高得点を取るのが難しくされていました。

栄えあるワースト3はM下さん、M永くん、T井くんの3名でした。
次回に向けて頑張ってください。

そして夕食を前にしてなんと...




K藤さんとVANさんがやってきました。

わざわざ茨城からご苦労様です。

19:00~ 夜の部

夕食を食べた後はK藤さんと1年生7名による団体戦が行われました。

K藤さん奇数先で行われた対局は4-3でK藤さんの勝利となりました。
全体の進行は将棋部のTwitterをご確認下さい。

私は1番席で対局していました。
あまりに早く決着がついてしまったので、K藤さんを楽にさせてしまったかなぁと
後悔しています。
将棋の内容はまずまずでした。

もう一人のK藤さんと2年生5名による団体戦も行われ盛り上がりました。

そして3日目の夜は長いです。
カタン、ドミニオン、麻雀と遊ぶ道具をきちんと持ってきた私たちは、
またまた夜が更けるまで遊ぶのでした。

おしまい



合宿1日目

~前置き~

惣菜ルーレットに負けて書くはめになってしまった可哀想なマツリクです。どうか最後までお読み下さいm(_ _)mお願いします何でもしますから!(何でもするとは言ってない)

※注意点※
1、写真載っけると私のギガが飛んでしまうため文章のみとなります。ご了承下さいm(_ _)m
2、この記事は20時頃に書いているため、将棋の話のみとなります。ドミニオン実況を期待していた方には申し訳ありませんm(_ _)m
3、カタン実況もありません

~ここから本文~
久しぶりに2度寝をせずに普段学校に行っている時と同じ時間(8:00)に部室に行ったらなんと大塚さんが部室にいました!!(笑)早起きしすぎて暇だったから来たそうです!合宿へのやる気に満ち溢れてますね(笑)
その後パラパラと人が集まり行く準備!となったのはいいんですが、カタン、ドミニオンなどのボードゲームを準備して準備完了の気分となっていたみなさん!将棋の準備はかなりグダグダになってました(汗)さすが将棋部って感じですね(笑)
その後はなんということもなく旅館へ到着! 筆者は着くやいなやドミニオンを広げるという暴挙に出ますがそこはとどめられました(笑)ってなわけで昼食前の10秒将棋をやりました。イムリク相手に糸谷流右玉をやってみたのですがボコボコにされました(笑)
しばらくして昼ごはん!親子丼だったのですが量が少なかったです(T0T)(笑)ちなみにそこでソーザイさんのノリによりご飯係に任命されました(汗)仕事が多いなぁ(´・ω・`; )ってかソーザイさんに振り回されてるなぁ
昼食後は2日目の地獄竜王戦に向けてのスイス式トーナメント!15分ー30秒のルールで将棋を指しました。2日目に関してはイムリクがとーーーーーっても面白い記事を書くと思うので期待しましょう!
ここからは基本は私の将棋のことになります。
1戦目の相手はソーザイさん!もう振り回さないで下さい( ;∀;)(笑)ソーザイさんが矢倉で僕が雁木からの急戦(早繰り銀)のような戦型でした。いつもの逆で戸惑いました(笑)内容は角交換から角を6一に打つ形で刺さったと思ったのですが決めれず敗戦....幸先悪いスタートとなりました(T0T)ちなみにソーザイさんは今現在は30秒将棋でイムリクをボコボコにしてます
2戦目は後藤さん!もう負けたくないと思いながら指して勝つことが出来ました~(≧∇≦)ちなみに後藤さんは今現在はダウトをしてます
3戦目の相手は大塚さん!相二枚銀のような形から僕が棒銀に出て良くなったと思ったのですが.....詰みを勘違いしたため逆転負けをしました( ;∀;)銀で王手をしたら取る一手ではなく逃げる手も考えましょう。ちなみに大塚さんは今現在は後藤さんと同じくダウトしてます
4戦目の相手は森下さん!四間VS向かい飛車の相振りで若干無理気味な仕掛けをされて指しやすいかなと思ったのですが、攻め間違えて一気に差が詰まってしまいました。ただ、途中で森下さんが見落とした手が激痛(ってか必至)で、突然の終局となりました。ちなみに森下さんは今現在はタイガちゃんとGOEさんの将棋を「じゃがりこ」食べながら見てます。
っというわけで2勝2敗でフィニッシュ!うん、まあ、負け越すよりはいいんですけどビミョーな成績でした( ̄▽ ̄;)(笑)明日こそはいい成績をおさめたい!!
他の人の将棋を見てみると、とにかく振り飛車が多いっていう感じでしたね。数えたら(相振りも込みで)16人中11人が飛車を振ってました。ま、三間ばっかりなんですけど(笑)
今日の優勝はGOEさん!タイガちゃんとの決勝戦を三間飛車で見事制しました!(将棋を見てないけど戦型は予想でしかないんですが笑)決勝戦の2人は今現在は新しい定跡を作ったって言って盛り上がってます。やっぱ強い人は違いますね(o≧▽゜)o
まあ、1日目はそんなこんなですね(笑)ま、まだまだ1日目は長いんでこれからが勝負って感じなんですけどね(笑)
明日は前述の通りユーシューなイムリクが書くのでそれを期待しながら終わらせていただきます。果たして今日は「お休みなさい」と言う時がくるのやら.....(笑)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR