FC2ブログ
プロフィール

名大将棋部

Author:名大将棋部
名古屋大学将棋部のブログです。
何かあるたびに更新していきます。
Twitterもありますので、興味があればフォローお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

西日本大会∼個人戦編∼(Ray)

団体戦編の続きです。


8/21(水)Day3…個人戦1日目

予選1回戦:K柳氏(九州3)

初戦の相手は九大主将の方。
私の筋違い角に対し自陣角から仕掛けを牽制されましたが、強引に打開しそのまま押し切ることが出来ました。


予選2回戦:I井氏(京都工繊3)

2回戦の相手は広島将棋センターの先輩に当たるI井さん。昔角落ちでボコボコにされた思い出があります。ずっと雲の上の存在だったので、当たれて嬉しかったです。
戦型は私の四間飛車藤井システム。中盤の折衝で優位に立ちましたが、終盤に悪手を重ねて逆転負け。
最後には、突いた歩を同歩と取られた手が開き王手から吊るし桂の3手詰めという拙い結末。あまりにも手が見えてなくて対局相手にも申し訳なくなりました。


予選3回戦:N河氏(龍谷2)

勝ったら通過、負けたら敗退の一局。
戦型は私の4手目△3三角戦法から角交換向かい飛車。
相手のelmo囲いに対し△9九角成と玉側の香車を取れて良くなったと思いましたが、▲7七桂∼▲8八金∼▲2九飛とされて馬が死にました。本当に手が見えてない…
コビンに手を付けられて美濃囲いを全部剥がされましたが、最後は△5四玉の位置で仁王立ちし続けて耐えました。

2勝1敗でなんとか予選を通過。
中部勢は竹川さん、二橋さん、佐々木くんが2連勝、奨くん、市長、藤原が2勝1敗で6人全員が予選を通過し、ベスト16に進出しました。
団体戦を通じて仲間意識を強く持っていたので、全員で予選を突破出来たことは本当に嬉しかったです。


本戦1回戦:vsT藤氏(琉球3)

戦型は相手の中飛車穴熊に私が糸谷流右玉で対抗。
先に駒得を果たし優勢になりましたが、端を攻め急いだのが悪手でした。自陣に金銀を埋められ、香車も桂馬も打ち付けて何度も底歩を重ね、馬を引き付けられて気が付いたら相手の穴熊はヴェルダン要塞みたいになっていました。
それでもちびちびと小駒で相手の馬を剥がし、大駒4枚手に入れて入玉を目指したところで相手の投了となりました。

これでベスト8に残り、個人2日目に残ることができました。

中部勢はベスト16で二橋-伊藤、河村-佐々木の潰し合いが起こってしまいましたが、私と竹川さんが勝ち残ったため最大の4人(竹川、二橋、藤原、佐々木)がベスト8に進出。
これが嬉しい誤算(?)とでも言いますか。

宿が無い

4日目に残ったら、その時はその時で宿を取りなおそうなどと悠長に考えていた中部選抜。市長は賢いので予め4日目の宿も予約しており、佐々木くんは友人(前回記事登場のエビ先生)宅を確保しておりましたが、他の4人は突然の家なき子状態。
私のことをよく知る方々は「野宿?野宿?(笑)」と煽って来ました。

咄嗟に会場近くの宿を確保したはいいものの、予約確認メールには「鍵は京都駅付
近にありますので取りに来てください」と無慈悲な通達。

折角なので全員で京都駅周辺の美味しいラーメン屋にでも行こうという話になりました。


3日目のラーメン
20190916004342f65.jpeg



とても美味しかったです。
鍵をゲットし、ラーメンを食し、京都駅の改札をくぐった時点で竹川さんがお店に荷物を忘れていることに気付くハプニング。おまけに私と二橋さんも傘を忘れている始末…みんなお疲れでしたね
竹川さんと奨くんがお店に戻り荷物と傘を回収してくれました。ありがとう

私と二橋さん、市長の3人は先に戻り、2人を待つ間に稲荷神社を参拝。
欲張って色々お祈りさせてもらいました。
2019091800313042b.jpeg



~夜の部~

3日目の宿は4人部屋なのに、ダブルベッドが3つという仕様。
そうですね…何とは言いませんが何かを賭けた10秒将棋で竹川さんと奨くんが2勝、私と二橋さんが2敗した時点で決着したとだけ書いておきます。

奨くんが「あっ、やらなきゃ!」と言って突然筋トレを始めて、竹川さんがそれをやばいものでも見るかのような目で見ていました。

「Wi-Fiあり」とあったのにルーターが見つからず、現代っ子の我々は困惑。全員でルーターを探していた際に竹川さんが「ここかな?」と言いながら換気扇のフタを外してぶっ壊していたのが面白かったです(ちゃんと元に直った)。
ベッドの上に転がっているルーターを見つけた時は「あった!ありましたよ!」「よっしゃナイス!」と異様な喜びよう。そうですね…団体戦で3-2勝ちした時くらい嬉しかったですね

翌日の戦型を想定していたら眠りに落ちていました。


8/22(木)Day4…個人戦2日目

準々決勝:vsI井氏(京都工繊3)

という訳で、ベスト8の相手は予選で負かされたI井さん。
予選同様私の藤井システムから、前日に想定していた変化に進み図1。

20190918002212aae.jpeg

(図1は△4三同歩まで)
この少し前までは前日の夜に調べていたため、持ち時間には余裕があり局面も優勢。
ここで何故▲4一金を打つことが出来なかったのか。
▲4一金さえ打てば▲5二竜∼▲4四角成や、すぐに▲4四角成から後手玉は寄り筋に入ります。何かあると思って時間を使ったのに本譜で指した▲5三桂成が最悪の一手。
△8六角とカウンターを食らい、駒得は消え相手の角が攻防に働き、△3三銀と引かれ最悪の展開に。一瞬で優勢をフイにしてしまいました。
以下は淀みなく寄せ切られて負け。あまりにも不甲斐ない敗戦でした。

ということで私の西日本大会個人戦はベスト8で終了。I井さんに往復ビンタを食らって、まだまだ遠い存在であると実感しました。
相手が強かったのは勿論ですが、私自身が弱すぎましたね。それでも個人2日目に残れたのは、自分が誰に対しても格下であることを弁えて戦型選択や手の選び方を出来たからだと思います。収穫はありました。

悔しい気持ちは腹に収めて、市長と一緒に餃子を食べて名古屋に帰りました。


個人戦優勝は竹川さん、準優勝はI井さんという結果でした。
改めておめでとうございます。団体戦でチームメイトとして戦った竹川さんの優勝は本当に嬉しかったです。
I井さんが準優勝されたのも、道場の後輩としてはやはり憧れの先輩は流石だなぁ(2つ白星を献上した顔)といった感想です。

入賞された皆さんおめでとうございます。選手の皆さんも1∼4日間お疲れ様でした。


総括

団体戦は中部中四国選抜チームとして参加し個人3-1、チーム4-3で3位という結果でした。前回記事に書いた通り、私にとってこの団体戦は何物にも代えがたい思い出となりました。中四国選抜、中部選抜の皆さん、対戦相手の皆さん、本当にありがとうございました。
個人戦はベスト8という結果。格上の方々と指すことが出来てとても勉強になりましたが、結果を見るとやはりまだまだ自分はモブだなぁという印象です。精進します。

最後に、4日間寝食も共にした中部地区選抜選手の皆さん、本当にありがとうございました!とても楽しかったし、最高の思い出になりました。
2019091600440640f.jpeg


また中部地区大会でお会いしましょう

応援してくださった皆さん、このブログを最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。
今回はここまで。次の記事でお会いしましょう
スポンサーサイト



2019夏合宿 2日目(Lick)

はじめまして、1年のLickです。
今回は夏合宿2日目の振り返りをしていきます。
記事を書くのは初めてなので拙い文章となりますが最後まで読んでいただければ幸いです。
それではどうぞ↓

a.m.7:30 起床
前日4時半ごろまで起きていたためとっても眠かったです。今将棋部では「ドミニオン」というカードゲームが流行中で、気付けばそんな時間まで遊んでいました。
先輩方は「優秀」とか言ってましたが不健康なので夜更かしはほどほどに。

a.m.9:00~ リレー将棋
朝食をとった後はリレー将棋をしました。4人1組の4組での総当たり戦ですが、時間の都合でこの日は2局だけ指しました。

1局目は居飛車に三間飛車で対抗する将棋になりました。私は石田流に組み替えようと△3五歩としたのですが、以降の指し手が噛み合わず飛車を浮けない形に。攻勢をとられてそのままこの将棋は負け。龍を自陣に引き寄せて粘ったのですが攻めきられてしまいました。

2局目は三間飛車に対し飯島流引き角を組もうとしたのですが、▲5七角の前に▲5七銀と上がってしまい普通の左美濃にせざるを得なくなりました。しかしそこから銀冠穴熊→BIG4と組み替えて飛角を捌くことができたので優勢に。この将棋は勝つことができました。

2局を指し終えた時点で4組の成績が全て1勝1敗という面白いことになりました。群雄割拠ですね。このリレー将棋というゲーム、棋風が違ったり味方の意図が汲めなかったりで局面が混沌としがちですが、そこが醍醐味でもあります。新鮮で楽しかったです。

p.m.1:00~ レクリエーション
昼食後は体育館に移動しレクリエーションの時間となりました。卓球やドッジボールなどで各自好きなように体を動かします。
ところがしばらくすると何やら耳慣れた電子音が聞こえ始めました。そう、対局時計の音。謎の競技「シャトルラン将棋」の開幕です。何で体育館に盤駒もってきてるんだろう。
ルールは簡単、手を指したら数メートル離れた対局時計を叩きに走るだけ。しかしこれが結構大変で、私は2局ほど指した時点でバテてしまいました。(体力が無いだけとも言う)

4時間ほどでレクリエーションは終了。くたびれましたがいい気分転換になりました。

p.m.7:00~ 地獄竜王戦トーナメント
夕食後は合宿のメインイベント、地獄竜王戦です。負け残りのトーナメントで、しかも負けるほど持ち時間が増えていきます。そして決勝戦は別室で行われ、棋譜が将棋部のグループLINEで中継されます。なんて悪趣味な
私は無事1回戦で勝って脱出。同時開催の天国戦(こっちは普通の勝ち上がりトーナメント)は2回戦で負けたので以降は観戦に回りました。

決勝は1年のT君とM君とで行われました。戦型は角交換振り飛車。両者ともに40分の持ち時間を使い切っての熱戦となり、日付をまたいでしばらく後にちょうど100手で終局。T君が地獄竜王を襲名(?)することになりました。
その後は両対局者を交えてじっくり検討し、気付けば時刻は2時半頃に。さすがに眠くなってきたので昨日よりは早く就寝しました。(ドミニオンに興じていた一部は除く)

余談ですが地獄竜王戦の決勝では対局者におやつが出ます。今回はセブンイレブンで一個300円で売っているパフェでした。アレ絶対美味しい。おやつ目当てで決勝を目指すのも一考の余地ありでしょうか。(いや、ない)



合宿2日目はイベントが盛りだくさんでしたね。とても充実感がありました。特にレクリエーションは良かったです。私はスポーツの類がとても苦手なのですが、それでも楽しむことができました。たまにはのんびり運動するのも良いものです。
2日目までで合宿の前半は終了。3日目以降の記事はまた別の1年生が書く予定ですが、2日目に負けず劣らず濃密で楽しく過ごせましたのでそちらもお楽しみに。

ではでは~

西日本大会∼団体戦編・中部中四国連合視点∼(Ray)

お久しぶりです、Rayです。
長いこと更新を怠って申し訳ありませんでした。
今回は8/19∼22に京都の龍谷大学深草キャンパスで行われた西日本大会に参加したのでその振り返り記事を書いていきます。


~~~~~


8/19(月)Day1…団体戦1日目

今回私は中部中四国選抜チームの一員として団体戦に参加しました。
団体戦には私と市長のいずれかが名大チーム、いずれかが連合選抜で参加することになっていたのですが、市長に頼んで私は連合選抜に入れてもらいました。名大チームは完全に任せきりにしてしまったけど、取りまとめてくれてありがとう。


当日朝は午前5時半の始発に乗り、途中で名大チームのごえもんやまつりく、名城の奨くんらと合流し京都の稲荷へ。

中四国選抜メンバーとは会場で初顔合わせ。中四国理事長の江島さんの協力もあり、事前にLINEで自己紹介なども済ませていたため、すんなりと打ち解けられたように思います。

あみだくじの結果、オーダーは
1. 伊藤(名城3)
2. 福田(山口2)
3. 竹川(名古屋工業4)
4. 北川(広島3)
5. 二橋(三重2)
6. 権丈(広島2)
7. 佐々木(静岡2)
8. 黒川(愛媛3)
9. 藤原(名古屋3)
10. 江島(岡山3)

このようになりました。
※追記:最初は頭伏字にしていたのですが、北川さんと黒川さんがK川で被ってしまったり(変換が面倒だったり)したので名前はそのまま表記させていただきました。ごめんなさい!

偶然ながら竹川さんが唯一4年、他のメンバーは全員2,3年という構成になりました。そのこともあり、西日本大会は4回目(!)の出場となる実績十分の竹川さんに主将として取りまとめていただく案は満場一致でした。
一人当たりの出場回数は平均して3.5回と、必ずどこかで不平等が出てしまう懸念はありましたが、絶対的な中心人物がいたおかげでチームはうまくまとまりました。


1回戦:vs鹿児島大学

伊藤-E屋
北川-I上
権丈-Y村
黒川-S伯
藤原-U野


初戦の相手は九州地区の鹿児島大学さん。
私の相手は3回生の方。雁木に対し早繰り銀から攻勢を取ろうとしたところ、△4五歩の反発を受け激しい展開に。離れ駒の多いこちらに苦しい変化が多くありましたが、最後は相手の居玉が祟り攻め切ることができました。

チームは伊藤、黒川、藤原勝ちの3-2勝ち。まずまずのスタートを切ることが出来たのではないでしょうか。


2回戦:vs愛媛大学

福田-M林
竹川-H田
二橋-T橋
佐々木-N藤
江島-K高


2回戦の相手は中四国地区の愛媛大学さん。愛大から連合選抜に参加した黒川さんがいっぱい情報を提供してくれました(嘘)。愛媛大学には中村太地先生に激似のエースの方が居られると伺っていたのですが、お会い出来ず残念です。

結果は福田、竹川、二橋、佐々木勝ちの4-1勝ち
持ち時間20分切れたら30秒の秒読みのルールのはずなのに、竹川さんが対局開始から10分もかからぬ内に勝っていて震えました。


3回戦:vs徳島大学

続けて同じく中四国地区の徳島大学さんと対戦。
江島さんがいっぱい情報提供してくれました(本当)。しかし、チーム全員が相手のオーダーの並びを勘違いしている悲劇とセットでオーダーは大失敗しました。

福田-K木
竹川-O前
北川-O上
佐々木-O谷
藤原-K上

私は一局目では居飛車を指したのですが、内容が非常に良くなかったため今大会では2局目以降振り飛車を指すよう方針転換しました。低い陣形から捌くことに成功し勝ち。

チームは竹川、藤原勝ちの2-3負け
徳大さん強かったです。それに加えオーダーミスも痛かったですね。次からはちゃんと相手のオーダーも全員で確認しよう!ということで切り替えました。


4回戦:vs名古屋大学
名大と団体戦で戦うのは、広島学院高校時代に学生選手権で名大Aと当たった時以来ですね。

河村「次の試合、選抜で出ないなら名大で出てくれん?」
藤原「その場合、制裁を受けるのは選抜なのか名大なのか非常に興味深いなぁ」
なんて会話を対局前に交わしましたが、そうなった場合は私が制裁を受けるのでしょうね。たぶん。

伊藤-M田
二橋-M本(雅)
権丈-K村
黒川-I村
江島-S賀原


情報漏洩はしませんでしたよ(嘘)
「市長めっちゃ強いよ~」とは言ったかもしれません。

結果は伊藤、二橋、黒川、江島勝ちの4-1勝ち
1年のI村くんが劣勢に追い込まれてから非常に良い粘りをしていたのが嬉しかったです。部室に熱心に通っている1,2年生達は急激に強くなっていると感じました。


初日はここまで。まだ自力優勝の目はあるので明日も頑張ろうと話し合って解散しました。


~~夜の部~~


今回の大会で中部選抜の5人は会場近くのホテルを取り(5人部屋)、夜通し将棋を指し続けました。
今回の5人は名工、名城、名大、三重、静岡と中部A級の別々5大学から各大学のエースが集結というメンバーでした。普段は敵として戦っているメンバーがこうして呉越同舟で戦えたのは非常に感慨深かったです。毎晩5人で近場のラーメン屋を練り歩き、寝床を賭けて10秒将棋を指したのは良い思い出になりました。


1日目のラーメン
201909160043139be.jpeg


ベッド争奪10秒将棋
20190916004420658.jpeg


8/20(火)Day2…団体戦2日目

5回戦:vs京都産業大学

伊藤-T賀
福田-K本
北川-W田
権丈-F塚
黒川-T下


京産大将のT賀とは、高校時代に何度も広島県大会で当たった仲。格上の彼に引っ張り上げてもらった経験はとても大きいです。

結果は伊藤、福田、北川、権丈、黒川勝ちの5-0勝ち
奨くんが強過ぎたり、福田さんがミラクルで捲ったりしていました。内容は接戦だったと思いますが、5本取れたのは大きく2日目を良いスタートで迎えられたと感じました。


6回戦:vs関西九州選抜連合

伊藤-K内
竹川-K柳
二橋-M谷
佐々木-T任
藤原―Y道


ここまで全勝の関九選抜と対戦。ここで奥の手中部5枚出しを敢行しました。
私の相手は普段から仲良しのエビ先生。実力的には飛車くらい落としてもらわないと勝てない相手なのですが、一発を狙って初手▲6八銀。以下私の雁木に相手の左美濃という形に。

攻勢を取られてやや苦しい展開ですが、△3三歩▲6九歩と互いに歩で囲いを補修し合った図1の局面は長い将棋になりそうな予感がしました。
201909161236064be.jpeg

(図1は▲6九歩まで)

その後、相手の駒損覚悟の攻めに素直に対応し、得した銀を打った次の図2は少し良いと思って居ましたが、この銀打ちは相手に勝負手を与えた悪手。
20190916004811b6b.jpeg

(図2は▲4六銀まで)

ここでは▲8七金と嫌味な歩を先に取り払うべきでした。
本譜の▲4六銀は飛車取りに構わず△8五桂と跳ばれ、▲8六角と逃げると△4五飛▲同銀△5五角と出られて敵陣が堅いので攻め切られそうです。本譜は▲4六銀△8五桂にそこで▲8七金としましたが角を取られたのは痛く、取られた角を右辺に打ち込まれ突破されそのまま押し切られました。
最終的には実力差がモロに出ましたね。+1500ほど優勢になったのにそのリードを守り切れないのは不甲斐なかったです。

チームは伊藤、竹川勝ちの2-3負け
戦犯ですね。チームメイトみんなに申し訳ないです。

優勝の望みは無くなってしまいましたが、次も大一番です。


最終戦:vs神戸大学

伊藤-Y本
竹川-F田
二橋-I上
藤原-T和
江島-S河原


勝った方が2位、負けた方が3位というこれまた負けられない戦い。
神大副将のF田とは高校のクラスメート。他にもI上さんとはネット団体戦や学生選手権で当たったり、対戦相手のT和さんは名大部室に来ていただいた際一緒にマウンテンに登った仲。私にとって神大さんはとても縁のある大学です。
私が後期の出願を忘れておらず、前期で名大に落ちてたら反対側に座って指していたのかなぁなどと考えていました。

将棋は私の角交換向かい飛車。T和さんが自陣角からリードを狙う展開に反発し、一気に終盤になりましたが、最後は相手の玉飛接近形が祟る展開となり勝ち。

チームは伊藤、藤原勝ちの2-3負け
奨くんは苦しい将棋でしたが、粘って焦らせ二歩を打たせたとのこと。
総合して見ると完敗で、相手を称えるしかありません。神大さん強かったです。
またどこかでリベンジさせて欲しいですね!


~~~~~


ということで、中部中四国連合の最終順位は3位。
副賞の賞金が夜の自棄酒に消えたことは内緒です。


2日目のラーメン
20190916004325552.jpeg


団体戦を終えて、負けて悔しい思いはありましたが何よりチームメイトへの感謝の気持ちでいっぱいでした。
広島で将棋を教わって、高校時代から大学将棋の中四国大会を観戦させてもらったりしていた自分にとって、中部中四国連合というチームの一員として将棋を指せることが、どれほど嬉しかったことか。中四国の皆さんには感謝しかありません。
また中部選抜もみな別の大学の選手で、今回団結して戦えたことは何物にも代えがたい経験となりました。皆さん本当にありがとうございました。
3日目からは個人戦ですが、河村も仲間に加わって中部勢全員で勝つぞという団結感がありました。

→個人戦編に続く!

合宿1日目

~前置き~

惣菜ルーレットに負けて書くはめになってしまった可哀想なマツリクです。どうか最後までお読み下さいm(_ _)mお願いします何でもしますから!(何でもするとは言ってない)

※注意点※
1、写真載っけると私のギガが飛んでしまうため文章のみとなります。ご了承下さいm(_ _)m
2、この記事は20時頃に書いているため、将棋の話のみとなります。ドミニオン実況を期待していた方には申し訳ありませんm(_ _)m
3、カタン実況もありません

~ここから本文~
久しぶりに2度寝をせずに普段学校に行っている時と同じ時間(8:00)に部室に行ったらなんと大塚さんが部室にいました!!(笑)早起きしすぎて暇だったから来たそうです!合宿へのやる気に満ち溢れてますね(笑)
その後パラパラと人が集まり行く準備!となったのはいいんですが、カタン、ドミニオンなどのボードゲームを準備して準備完了の気分となっていたみなさん!将棋の準備はかなりグダグダになってました(汗)さすが将棋部って感じですね(笑)
その後はなんということもなく旅館へ到着! 筆者は着くやいなやドミニオンを広げるという暴挙に出ますがそこはとどめられました(笑)ってなわけで昼食前の10秒将棋をやりました。イムリク相手に糸谷流右玉をやってみたのですがボコボコにされました(笑)
しばらくして昼ごはん!親子丼だったのですが量が少なかったです(T0T)(笑)ちなみにそこでソーザイさんのノリによりご飯係に任命されました(汗)仕事が多いなぁ(´・ω・`; )ってかソーザイさんに振り回されてるなぁ
昼食後は2日目の地獄竜王戦に向けてのスイス式トーナメント!15分ー30秒のルールで将棋を指しました。2日目に関してはイムリクがとーーーーーっても面白い記事を書くと思うので期待しましょう!
ここからは基本は私の将棋のことになります。
1戦目の相手はソーザイさん!もう振り回さないで下さい( ;∀;)(笑)ソーザイさんが矢倉で僕が雁木からの急戦(早繰り銀)のような戦型でした。いつもの逆で戸惑いました(笑)内容は角交換から角を6一に打つ形で刺さったと思ったのですが決めれず敗戦....幸先悪いスタートとなりました(T0T)ちなみにソーザイさんは今現在は30秒将棋でイムリクをボコボコにしてます
2戦目は後藤さん!もう負けたくないと思いながら指して勝つことが出来ました~(≧∇≦)ちなみに後藤さんは今現在はダウトをしてます
3戦目の相手は大塚さん!相二枚銀のような形から僕が棒銀に出て良くなったと思ったのですが.....詰みを勘違いしたため逆転負けをしました( ;∀;)銀で王手をしたら取る一手ではなく逃げる手も考えましょう。ちなみに大塚さんは今現在は後藤さんと同じくダウトしてます
4戦目の相手は森下さん!四間VS向かい飛車の相振りで若干無理気味な仕掛けをされて指しやすいかなと思ったのですが、攻め間違えて一気に差が詰まってしまいました。ただ、途中で森下さんが見落とした手が激痛(ってか必至)で、突然の終局となりました。ちなみに森下さんは今現在はタイガちゃんとGOEさんの将棋を「じゃがりこ」食べながら見てます。
っというわけで2勝2敗でフィニッシュ!うん、まあ、負け越すよりはいいんですけどビミョーな成績でした( ̄▽ ̄;)(笑)明日こそはいい成績をおさめたい!!
他の人の将棋を見てみると、とにかく振り飛車が多いっていう感じでしたね。数えたら(相振りも込みで)16人中11人が飛車を振ってました。ま、三間ばっかりなんですけど(笑)
今日の優勝はGOEさん!タイガちゃんとの決勝戦を三間飛車で見事制しました!(将棋を見てないけど戦型は予想でしかないんですが笑)決勝戦の2人は今現在は新しい定跡を作ったって言って盛り上がってます。やっぱ強い人は違いますね(o≧▽゜)o
まあ、1日目はそんなこんなですね(笑)ま、まだまだ1日目は長いんでこれからが勝負って感じなんですけどね(笑)
明日は前述の通りユーシューなイムリクが書くのでそれを期待しながら終わらせていただきます。果たして今日は「お休みなさい」と言う時がくるのやら.....(笑)

春季団体戦(惣菜)

部長の惣菜です。5月25、26日に行われた春団体の振り返りをしたいと思います。詳しい記事はきっと誰かが後で書いてくれる(主将のFくんとか5-0したKくんとかよろしくね)と思うので簡単に書いていきたいと思います。
細かいミスご容赦ください。

1日目
0回戦
部長がスマホを忘れたこと以外は勝ち。

1R vs愛知学院大学
名大偶数先
都-I藤
黒瀧-T中
藤原-S浦
加藤-O野
松本(雅)-K藤
岩城-N川
松本(泰)-I橋
(敬称略)
初戦なのでオーダー予想はできなせんでしたが、まずまずのあたりだと思いました。
私の相手は1年生のO氏。角換わりで中盤で形勢を損ねたものの、粘り強く受けて逆転勝ち。白星スタートを切れました。

結果:黒瀧、藤原、加藤、松本(雅)、松本(泰)勝ちの5-2

2R 名古屋工業大学戦
名大奇数先
黒瀧-H井
藤原-D口
西山-T川
松本(雅)-I藤
岩城-T田
石川-Y田
松本(泰)-MR
(敬称略)

名工のT川さんと藤原くんが当たる展開が怖かったので、オーダー的にはそうならず一安心といったところでしょうか。
私は当たりとオーダー準備の都合でお休みです。

結果:黒瀧、藤原、松本(雅)、岩城、松本(泰)勝ちの5-2
勝ちたいあたりできっちり勝ててよかったです。西山くんは団体デビュー戦でエース相手によく頑張りましたがおしくも届かず。

3R 静岡大学戦
名大奇数先
黒瀧-K谷
井村-N澤
藤原-K塚
西山-O澤
加藤-S木
松本(雅)-SS木
岩城-Y田
(敬称略)
藤原くんを躱されてオーダー的には失敗。1年生3人が勝負の鍵を握りそうな当たりです。
私の相手は1年生のS氏。角換わり腰掛け銀で相手が52玉として待機する将棋でした。飛車をなり込めて攻めきって勝ち。

結果:黒瀧、井村、藤原、加藤勝ちの4-3
黒瀧くんは強敵相手に快勝。勉強していた成果がよく出ていました。井村くんは苦しい将棋を逆転勝ち。団体戦初出場でとても大きな仕事をしてくれました。

ギリギリの戦いでしたが、1日目を全勝で終えました。一年生の活躍が光りましたね。

2日目
(再びの)0回戦
部長が盤駒時計を忘れて会場最寄り駅から一度取りに帰ったこと以外勝ち。

4R 三重大学戦
名大奇数先
黒瀧-HR
藤原-M山
加藤-K口
松本(雅)-N橋
岩城-T橋
石川-HYS
松本(泰)-H口
(敬称略)
ほぼ予想通り。三重大2年生エース2枚が厚いのでほか5つで4勝できるかどうか。
私の相手はK口氏。新人王戦で当たっており、その時は勝ちましたが油断できない相手です。
戦型は対四間飛車穴熊。やや不利の終盤で激しい玉頭戦となり、勝負手が通って逆転。最後は自玉のZを保って寄せ切って勝ちました。私が負けたらチームも負けだとなんとなく雰囲気から感じられたので、勝ててとてもよかったです。

結果:黒瀧、加藤、岩城、松本(泰)勝ちの4-3

松本(泰)が苦しい将棋を捲って勝利打点。よくやってくれました。

5R 名城大学戦
勝った方が優勝です。
名大奇数先
黒瀧-S田
藤原-O村
加藤-K林
松本(雅)-G藤
岩城-I藤
石川-I井
松本(泰)-H尾
(敬称略)
予想は外したものの、オーダーの当たりは悪くないように思いました。
私の相手は1年生のK林氏。個人戦はベスト8、団体もここまで4-0と結果を残している強敵です。戦型は居飛車急戦対三間飛車。
図1は終盤戦で、K林氏が57に角を打ったところ。すでにお互い持ち時間を使い切り30秒将棋に入っています。

2019春団-1(惣菜)
本譜はここから94歩84玉35角成46歩58歩同龍46馬(図2)と進み、以下数手進み先手勝ちとなりました。
2019春団-2(惣菜)
対局中は35角成〜46馬がぴったりで勝勢だと思っていました。
しかし、図2以下48馬59歩98歩58歩99歩成(図3)と進むと指し手が難しいです。
2019春団-3(惣菜)
こう進んでいたならば、互角どころかむしろ自信のない展開でした。
幸運にも私は勝利することができましたが、まだまだ自分の実力が足りないことを自覚しなければいけないと感じました。

結果:黒瀧、加藤、岩城勝ちの3-4

この結果、名城大学の優勝となり、富士通杯の代表に決まりました。名古屋大学は4期ぶりに優勝を逃しました。

私自身、個人としての結果は満足のいく結果でした。特に格上の相手に勝つことができたのがとてもよかったです(私が勝った相手のうち2人が4-1でした)。

しかし、部長として、また、オーダー係としては決して良いものではありませんでした。
同じ目標を目指し、チームを引っ張っていくだけの力が足りなかった。
メンバーの実力を正確に知り最適のオーダーを用意することができなかった。
どうしても優勝したい、富士通杯に出場したいという気持ちが足りなかった。
反省点はいっぱいあります。今後少しずつ良くしていけるように頑張りたいと思います。全員で強くなって秋は絶対勝ちましょう。
あと忘れ物をしないように気をつけたいです。

応援や戦型チェックとしてきてくださった部員の皆さんやOBの先輩方本当にありがとうございました。優勝できなくて申し訳ないです。
そして運営さんおつかれさまです。毎回本当にありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

最後に名城大学の皆さんおめでとうございます。富士通杯では中部地区代表として頑張ってください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR